猫に散歩をさせないほうがいい理由とは?


GAK_nekocafenonekocyan20130921-thumb-815xauto-16731

猫を飼っていると、時々外を眺めていることがありませんか?

もしかしたら外に出たがっているのかな?散歩をさせたほうがいいのではないだろうかと考えますよね。

 

ところが猫の習性を考えると、散歩をさせないほうがいいことがわかります。

猫はなわばりを大切にする動物

猫は群れで行動する動物ではないので、なわばり(テリトリー)を大切にします。自分のなわばりの外にでることに恐怖を抱きます。

好奇心が旺盛な子猫のうちは外にでることに恐怖心が少ないことがありますが、年齢を重ねていると特に恐怖心が強くなっています。

 

子猫のうちから外に出していなくて、家でずっと飼っているのであれば外に出す必要はありません。外の空気を感じたほうが気持ちいいんじゃないだろうかというのは人の勝手な思い込みです。

 

どうして外をじっと見てることがあるのか

では外をじっと見てることがあるのはどうしてかについてです。外に出たくてみているわけではなくて、なわばりの外を監視しているのです。

なわばりを荒らしてくるような、外敵がこないだろうかと心配して見張っているだけなのです。またはスズメや虫の動きが面白くて見ているということもあります。

 

猫にとっては安心して過ごせる空間が一番大事なので、外の世界に憧れるということはありません。ただし子猫のうちから外に出してしまうと、外の世界に興味を持ってしまって散歩をしたがるようになってしまいます。

 

散歩をさせるリスク

猫を散歩させるリスクは主にふたつあります。

・車にひかれてしまう
・迷子になってしまう

猫は思いつきで行動してしまうために、周りをよくみないで急にダッシュしたりしてしまうので車にひかれたり迷子になってしまうリスクがあります。

あなたにちゃんとついていくことは困難ですので、もしも散歩させるとしてもしっかりとハーネスを使わなければいけません。

まとめ

猫は子猫のときからずっと室内で飼っていれば、外に出たいとは思っていません。外をじっと見ていることがあるのは、なわばりの外の軽快であったり、スズメなどの動くものに興味を持っているだけなのです。

リスクを考えると、散歩はさせないほうがいいです。

 

ただ子猫のうちに外に出してしまうと、外への興味をもってしまって外に出してって訴求してくる場合があります。

頑なにダメって言い続けるか、もしくは定期的に散歩させるとしてもハーネスは必ずつけるようにして下さい。

猫の噛む癖をピタッとやめさせるテクニックとは?


猫の噛む癖をピタッとやめさせるテクニック

猫と遊んでいたら突然噛まれてしまった。機嫌が悪い時には攻撃的になって噛み付いてくる。こんな悩みはありませんか?

猫の噛み癖に悩んでいる飼い主は多くて、大人になった猫になると手に穴が開くくらいに強く噛まれてしまうこともあります。

 

普段はかわいいネコでも、しょっちゅう噛まれてしまうとストレスがたまってきてしまいますよね。噛み癖に困ったときに役に立つテクニックを紹介します。

噛み癖について知っておきたいこと

猫はもともとは野生の生物を捕まえて生きるハンターであるので、飛びかかったり噛み付いたりするのは本能的なものなのです。

1歳未満の子猫は本能的な行動が多いために、噛みぐせがあります。ですが、成熟するにつれてなくなることが多いです。

 

猫が噛みつくときは、基本的には興奮したり身体への危険を感じた時や嫌なことがあった時です。

興奮した時というのは、遊んでいて楽しい気分が高揚した時にも当てはまります。楽しそうに遊んでいたのに急にガブッなんてこともありますよね。

嫌なことがあった時に噛むというのは、抱っこされたくないのに抱っこされた時やお腹が空いているときなどです。

 

猫の噛み癖の原因と対策

○遊びの中での噛み癖
1歳未満の子猫の場合は噛みぐせがあることが多く噛むことが遊びのひとつになっていることがあります。子猫の場合は噛まれても痛くないので、噛むことが遊びにしたままでいると、成熟した時にやっかいなことになります。

成熟した時にも噛むことが遊びだと思ってしまうので、噛む力が強くて猫はあそびのつもりでもあなたがケガをしてしまうことも、、、

痛くないと言っても噛み癖は子猫のうちから、対策するようにしてください。

 

○遊びの中での噛み癖の対策

遊んでいる中で猫にガブッとされてしまった。そんな時には遊びを中断するようにして下さい。

『猫に噛まれたら遊びをやめる』ようにして、噛んだらつまらないことが起こるということを学習させていくと噛み癖が改善されます。

 

○撫でていたら急に噛まれる

猫を撫でていたら、気持ちよさそうにしていたのに急に噛まれた。

猫が撫でられて気持ちいいところというのは、アゴやおでこなど急所であるところが多いです。そのためずっと撫でられていると、痛みを感じてきてしまうこともあるようです。

痛くなってくると本能的に危険を感じるようになってしまい、攻撃モードに転じてしまうことがあるみたいです。

だから撫でていて気持ちよさそうにしていても、適度な時間でやめるようにしてください。

 

○関節などに疾患がある

猫は痛いところを触られると反射的に噛んでしまいます。いままで噛まれなかったのに急に噛まれるようになったときには、ケガや病気になっている可能性もあります。

様子を見て動物病院に連れて行くことも検討してみてください。

 

まとめ

遊んでいる時に噛んでしまう猫の噛み癖の対策は、『噛まれたら遊ぶのをやめる』ことが有効です。

その他に噛んでしまうときには、嫌なことや身体の不調であったりするので猫の様子を見ながら対応して下さい。

抱っこされるのが嫌な猫などもいるので、猫の表情をみながら接してあげてくださいね。

 

猫をもう一匹飼いたい時に失敗しないコツとは?


猫をもう一匹飼いたい時に失敗しないコツとは?

すでに猫をかっているときに、こんなに可愛いならもう一匹飼いたいなって思うことがありますよね。

2匹飼って、仲良しなところを見てみたいって思ってしまいますよね。

他にも子猫が生まれたから、飼ってほしいって頼まれることもあるかと思います。

 

ですが、安易に猫をもう一匹飼ってしまうと思わぬアクシデントが起こる可能性もあります。猫を2匹以上飼う場合には、既にかっている猫の性格や環境によって注意しなければいけません。

猫の基本的な性格

猫はもともと、ひとりで狩りができる動物です。だから群れることはなくて、安心できる自分のテリトリーがあれば他の猫と関わらなくてもいい動物なのです。

だからこそ、他の猫がいないからといって寂しがらないというのが基本的な性格です。とはいえ性格はそれぞれあるので、『他の猫が大好き』という猫もいます。

寂しがらないという性格の反面で、社会性の高い動物であるのでケンカを好みません。社会性が高いという特徴もあるので、2匹めを迎えたとしても適応できる猫も多いです。

猫をもう一匹飼いたい時に重要なポイント

猫をもう一匹飼いたいと思った時に、重要なポイントは一匹目の猫の性格です。もう一匹の猫を迎えても適用できる性格なのかを見極めなければいけません。

すでに飼っている猫の性格によっては、もう一匹増えてしまうことによってストレスになってしまうことがあります。新しく迎え入れた猫ともケンカをしたりして、あなたが頭を悩ましてしまう結果になることもあります。

2匹飼うのに適さない猫の性格は?

次のことに当てはまっていたら、2匹飼うことは避けたほうがいいです。

・排他的で他の猫を嫌っている
・物事に慣れにくい
・あなたに他の猫が近づくと機嫌が悪くなる
・甘えん坊で、あなたにくっついていることが多い

つまり1匹目の猫がストレスを感じてしまう原因は2つにわかれます。

ひとつはもともと他の猫が好きではなく、一緒に過ごすことのストレス。もう一つは、あなたのことが大好きで他の猫にとられてしまうストレス。

2匹飼うのに適している猫の性格は?

こんどは反対に、2匹飼うことが適している猫の性格です。

・他の猫ともフレンドリーですぐに仲良くなる
・物事に慣れるのが早い
・あなたにそっけなかかったりする

見極めるポイントとしては、他の猫のことが好きかということと環境の変化に対応できるかというところです。

2匹飼うのに居住面は大丈夫?

猫はパーソナルスペースを大切にする動物です。だから、居住面で狭すぎても猫のストレスになってしまいます。猫は自分のお気に入りの場所を確保したい特徴があります。

2匹飼う場合には、それぞれのお気に入りの場所を確保できることが大切です。2匹めがすでに飼っている猫のお気に入りの場所を邪魔しないような居住環境も必要になってきます。

また猫によっては、一緒のトイレを嫌がることもあります。2匹分のトイレを用意しなきゃいけないといったこともあります。

 

あなたが見て、もう一匹飼っても大丈夫そうだと思っても、猫にとっては過ごしにくくなってしまうこともあります。広さは十分かな?といったことを改めて考えるようにして下さい。

猫をもう一匹飼う前に

『猫の性格も大丈夫。居住環境も問題なし!』だとしても、急に2匹飼うことはよくありません。トライアル期間が用意されていれば、トライアルを利用して下さい。

実際に飼ってみると、新しい問題がでてくることも多いです。他の猫と仲良くしているように見えたけれども、長時間一緒にいるとなるとなんだか機嫌が悪くなっている気がすることや、2匹の相性が合わないということがありえます。

反対に他の猫を嫌っているように思っても、一緒にしてみたら仲良くしているということもありえます。

まとめ

猫をもう一匹飼いたいと思った時に失敗しないためのポイントをまとめます。

・猫の性格をチェック
・居住環境のチェック
・トライアルは必ずする

2匹一緒に飼う場合には、一番相性がいいのはやはり兄弟です。その他年が近いということも仲良くしてくれるポイントです。