猫の叱り方 【嫌われない効果的な叱り方とは?】


resize

猫の叱り方で困ることはないでしょうか。柱をひっかく癖をやめてほしいけれどもどうやったらわかってくれるんだろうか。

子どもを叱るように話しかけても、わかってくれないみたいで癖が治らないって悩みませんか?

 

猫の叱り方で覚えて欲しいのが、声を荒らげて驚かせたり痛い思いをさせても猫はわかってくれません

子どものように叱ってみても、効果は期待できません。それどころかあなたのことを怖がってしまって、近寄ってきてくれなくなったり嫌われてしまう恐れもあります。

猫は叱られた時にどう思う?

猫は理解力がそれほど高くはないので、あなたが怒鳴ったり叩いたりしても『自分が悪いことをしたから怒られている』ということをわかってくれません。

ただ嫌がらせをされていると解釈されてしまう恐れがあります。あなたもよくわからずに怒鳴られたりすると、逆に腹が立ったりしませんか?

意味がわからずに怒鳴られてしまうと『その人に近づくのやめよー』ってなる人が多いと思いますが、猫も同じような気持ちになるということを知って下さい。

 

もちろん、怒鳴られるだけではなく叩いたりすることもよくありません。攻撃されたと思って、敵だと認識されてしまっては悲しいですよね。

特にしっぽは弱点で、一番痛みを感じる部分なので絶対にひっぱったりしてはいけません。

効果的な叱り方とは?

怒鳴ってはダメ。叩いてはダメ。それではどうやったら、あなたが悩んでいる行動をやめてくれるのでしょうか。

それは猫の嫌がることをすることです。

 

ただし、あなたがやったとわからないようすることがポイントです。猫からすると、なんだかよくわからないけれども、これをするとよくないことがおこるからやめようって思ってくれます。

猫が嫌がることは『水を吹きかける』ことがおすすめです。猫は身体がぬれるのを嫌がるので、霧吹きをかけると逃げ出してしまうはずです。

霧吹きの他に水鉄砲なんかも効果があるみたいです。あまりボールを投げたり痛いことはかわいそうなのでやめてあげたほうがいいですね。

猫を叱る前に

猫の叱り方を紹介しましたが、叱らずに済むのが一番いいですよね?

猫の行動を理解すると、いらいらすることが少なくなります。叱る前に猫の気持ちになって、どうしてそんな行動をするんだろうって考えてあげて下さい。

 

例えば、猫を飼っている人の悩みが多いのが『柱を引っ掻いてしまう』ことです。よくよく考えてみると、猫の習性からすると柱をひっかいてしまうのはあたりまえのことなのです。

爪が伸びてしまうと危ないから自分で研ぐために、どこかしらに引っ掻かなければなりません。そのために柱があったら引っ掻いてしまうということなのです。

 

爪を削るためにひっかくことがわかったら、爪とぎを買ってあげると柱も引っ掻かれずにすんで叱る必要もなくなりますよね。

猫の気持ちになって、どうしてそんな行動をするんだろうって事を考えてあげると、猫と上手に生活ができるようになります。

Ads by Google