猫をもう一匹飼いたい時に失敗しないコツとは?


猫をもう一匹飼いたい時に失敗しないコツとは?

すでに猫をかっているときに、こんなに可愛いならもう一匹飼いたいなって思うことがありますよね。

2匹飼って、仲良しなところを見てみたいって思ってしまいますよね。

他にも子猫が生まれたから、飼ってほしいって頼まれることもあるかと思います。

 

ですが、安易に猫をもう一匹飼ってしまうと思わぬアクシデントが起こる可能性もあります。猫を2匹以上飼う場合には、既にかっている猫の性格や環境によって注意しなければいけません。

猫の基本的な性格

猫はもともと、ひとりで狩りができる動物です。だから群れることはなくて、安心できる自分のテリトリーがあれば他の猫と関わらなくてもいい動物なのです。

だからこそ、他の猫がいないからといって寂しがらないというのが基本的な性格です。とはいえ性格はそれぞれあるので、『他の猫が大好き』という猫もいます。

寂しがらないという性格の反面で、社会性の高い動物であるのでケンカを好みません。社会性が高いという特徴もあるので、2匹めを迎えたとしても適応できる猫も多いです。

猫をもう一匹飼いたい時に重要なポイント

猫をもう一匹飼いたいと思った時に、重要なポイントは一匹目の猫の性格です。もう一匹の猫を迎えても適用できる性格なのかを見極めなければいけません。

すでに飼っている猫の性格によっては、もう一匹増えてしまうことによってストレスになってしまうことがあります。新しく迎え入れた猫ともケンカをしたりして、あなたが頭を悩ましてしまう結果になることもあります。

2匹飼うのに適さない猫の性格は?

次のことに当てはまっていたら、2匹飼うことは避けたほうがいいです。

・排他的で他の猫を嫌っている
・物事に慣れにくい
・あなたに他の猫が近づくと機嫌が悪くなる
・甘えん坊で、あなたにくっついていることが多い

つまり1匹目の猫がストレスを感じてしまう原因は2つにわかれます。

ひとつはもともと他の猫が好きではなく、一緒に過ごすことのストレス。もう一つは、あなたのことが大好きで他の猫にとられてしまうストレス。

2匹飼うのに適している猫の性格は?

こんどは反対に、2匹飼うことが適している猫の性格です。

・他の猫ともフレンドリーですぐに仲良くなる
・物事に慣れるのが早い
・あなたにそっけなかかったりする

見極めるポイントとしては、他の猫のことが好きかということと環境の変化に対応できるかというところです。

2匹飼うのに居住面は大丈夫?

猫はパーソナルスペースを大切にする動物です。だから、居住面で狭すぎても猫のストレスになってしまいます。猫は自分のお気に入りの場所を確保したい特徴があります。

2匹飼う場合には、それぞれのお気に入りの場所を確保できることが大切です。2匹めがすでに飼っている猫のお気に入りの場所を邪魔しないような居住環境も必要になってきます。

また猫によっては、一緒のトイレを嫌がることもあります。2匹分のトイレを用意しなきゃいけないといったこともあります。

 

あなたが見て、もう一匹飼っても大丈夫そうだと思っても、猫にとっては過ごしにくくなってしまうこともあります。広さは十分かな?といったことを改めて考えるようにして下さい。

猫をもう一匹飼う前に

『猫の性格も大丈夫。居住環境も問題なし!』だとしても、急に2匹飼うことはよくありません。トライアル期間が用意されていれば、トライアルを利用して下さい。

実際に飼ってみると、新しい問題がでてくることも多いです。他の猫と仲良くしているように見えたけれども、長時間一緒にいるとなるとなんだか機嫌が悪くなっている気がすることや、2匹の相性が合わないということがありえます。

反対に他の猫を嫌っているように思っても、一緒にしてみたら仲良くしているということもありえます。

まとめ

猫をもう一匹飼いたいと思った時に失敗しないためのポイントをまとめます。

・猫の性格をチェック
・居住環境のチェック
・トライアルは必ずする

2匹一緒に飼う場合には、一番相性がいいのはやはり兄弟です。その他年が近いということも仲良くしてくれるポイントです。

Ads by Google